B型のアラサー女が考えた。

熱しやすく、冷めやすい。

元カレからの卒業。

今週のお題「〇〇からの卒業」

 

長かった。

暗く、苦しく

長い道のりだった。

だが、ようやく超えた。

 

私は「元カレ」から卒業できたのだ。

卒業するまでに1年半かかった。

 


f:id:ohtayu:20210313231621j:image

 

今回は、未練たらたらだった自分を思い出そうと思う。

 

①別れ(28歳前半)

別れは突然。

大雨の日だった。

 

年頃の私は勇気をだして将来の話をした。

「そろそろ結婚を考えたい」私と

「まだ先はみえない」彼。

 

楽しくて、幸せな

3年の付き合いは、あっけなく終了した。

 

「別れよう」なんて言葉もなく、

ただ、気まずい雰囲気のままバイバイした。

毎日交わしていたラインも

返事がなかなか来なくなった。

あぁ、別れるんだなと思った。

彼の将来に、私は必要なかった。

 

家の中には彼のものがたくさんあった。

好きすぎて、捨てることができなかった。

物でいいから一緒にいたい、と本気で思っていた。

 

②西野カナ状態(28歳後半

【失恋直後~半年】

彼がいない世界なんてつまらない。

本気で思った。

キモすぎる、が事実だ。

 

恋は盲目だ。

これから他の人を好きになることは不可能だと思った。

彼がいない世界なんて、楽しくない、と思った。

はじめて失恋をした気がした。

何をしていいても、悲しい。

会いたい。

震える。(さすがにこれは嘘w)

 

「前を向かなくては」と思うアラサーの頭。

「彼にまた会いたい」と思うアラサーの心。

ただただ、辛い。

 

私は、友達や家族に泣きながら

相談できるタイプの女ではない。

耐えて耐えて、

仕事で気を紛らわせるしかなかった。

 

次に行こう。と

何度も自分を奮い立たせようとした。

「アラサー女の時間は貴重!」という

ネットの恋愛記事を読んだ。

言われなくてもわかっている。

だから余計につらい。

出産適齢期へのカウントダウンも始まっている。

周りにも言われる。

うるせぇ。わかっている。

 

無理やり頑張った。

街コンや婚活イベントにも行った。

たくさんの男性と会った。

ますます彼を思い出して、辛かった。

ひたすら泣いた。会いたかった。

 

③封印(28歳後半〜29歳前半)

【失恋後 半年】

彼の荷物は、やはり捨てられなかった。

彼がまだ好きだから。

どこかで「またもう一度…」と想っていたから。

 

が、狭い部屋の中で

いちいち彼の物が目に入ってくると

いちいち思い出して、つらい。

 

捨てられない、でも見たくない。

封印することにした。

 

昔の人の物と一緒に暮らすのは

風水的にも良くないはずである。

(これは本気w)

 

まずは気合を入れて

でかい段ボールをクロネコヤマトに買いに行った。

でかい段ボールを持って歩く私を

みんながジロジロと見た。

ふざけんな。失恋だ。

 

たくさんの物と、思い出を

段ボールに詰め込んで、

ガムテープでガッチガチに止めた。

見たくない、出てくるな、思い出すな、と。

詰めながらまた泣いた。

 

③コロナ(29歳前半)

【失恋後1年~1年半】

地道に耐えながら生活していると、29歳になっていた。

まだ西野カナだった。

そんな中、仕事が休みになった。

西野カナは狭い家の中に、ずっといなくてはならなくなった。

 

つ、つらい…。

気分を紛らわせる最高の作業(仕事)ができなくなった。

毎日、毎日、彼のことを考えた。

会いたい、とひたすら思った。

なかなか苦しい期間だった。

その時書いたブログがコレ。

www.ohtayu.me

 

なかなかヤバい。笑

 

③夏(29歳後半)

【失恋後1年~1年半】

別れてから2回目の夏が来た。

自粛明けのもあり、やや気分が晴れた。

アプリで会った男性とご飯を食べたり、お出かけをした。

 

好き!まではいかなかったけど、

ようやく前進できそうな気がした。

足踏み(すらできてない状況だった)けど、

なんだか半歩くらい前進した気がした。

「大丈夫。彼以外を好きになれている」と何度も自分に言った。

 

④彼氏(30歳)

【失恋後1年半】

 

西野カナは30歳になった。

一応、彼氏ができた。

 

もし元カレと会っても

「もう付き合うことはないな」と思えたので

封印した荷物を開封、処分することにした。

 

ガムテープを剥がす。

中に入っていた湿気とりのカバーに

書いてあった日付は、ちょうど1年前だった。

 

もう泣かなかった。

「ありがとう」と言いながら


f:id:ohtayu:20210317021807j:image

 

時間が解決した。

メンヘラな西野カナ状態だったけど

なんとか元の自分に戻ってくることができた。

ついに彼から卒業した。

 

でも、もう二度とあんな苦しい思いはしたくない。

 

そう思うからか

いまの彼を、元カレ以上に好きにはなれない気がしている。

心の底から好きになれない気がしている。

 

でも、この事に気づくのはもう少し先にする。

暗い長い道がやっと終わったのだから。

 

アラサー女、たのしくやっていきます。