B型のアラサー女が考えた。

熱しやすく、冷めやすい。 共感、同情、揶揄、するがよい。これが私だ。

女の10年

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

女の生活は10年で大きく変わることがある。

特に25歳~35歳頃だろうか。

 

結婚をし、名前が変わる。

一緒に住む家族が変わる。

子どもが生まれる。

仕事をやめる、復帰する。

家を買う。etc...

 

最近、秋も深まってきた。

今日は寒いくらいだった。

 

そんな日に

私、独身のアラサー女(30)は

友達A・B・Cに会った。

全員知り合って10、20年以上の親友レベルの心の友である。

BとCは、共通の友達で、よく3人で集まる。

 

●心の友Aは小1からの幼馴染み。

結婚後、都内に家を建てた。旦那さんめっちゃ稼いでて良い人。(最高やん)

家はめっちゃきれい。広い。羨ましい。

 

●心の友Bは大学の友達。

この1年で結婚・引越・妊娠・産休・育休・出産(予定)の人生の特大イベントを迎えた。

実におめでたい。羨ましい。

 

●心の友Cも大学の友達。

数年前に結婚、出産。

3歳の子の母になっている。子供めっちゃ可愛い。幸せそう。

羨ましい。

 

一方、自分はどうだ。

私の心の友ABCは全員、が変わったが、私は変わる気配がない。可能性すらない。笑

なんてこった。

 

私がこの10年で変わったのは、

住むところと、仕事での役職、体形だけである。

トホホ。

 

友達ABCに会うと

「羨ましい」と思ってしまう自分がいる。

最近、ますます感じるようになってきてしまった。

ABCみんな生活環境や、生活の優先順位が変わってきた。家に軸足を置くために、仕事の内容も変わっている。

集まれば、夫や子供(出産)の話、家の話になる。

 

独身の私は、この会話に入れない。

この間もBとCが出産・育児についてひたすら話す会になっていた。

私も頑張って会話に入ることもできるが、

そこは気の置けない友達なので、まぁ無理はしない。

 

彼女たちの優先順位は「家・子供」なので

私の「恋愛・仕事」の話は聞いてこない。

私も、みんな興味ないんだろうな、楽しくないだろうな

と思って、どんどん話さなくなる。

共通のネタが無くなっていく。

これぞ


f:id:ohtayu:20211017230923j:image

 

帰り道は雨が降っていた。

傘を持つ手が冷たい。なんだか足も重い。

 

家に帰って、悲しくなる。

せっかく、10年来の心の友に会ったのに

こんなにモヤモヤしてしまうなんて。

 

自分の近況を話せなかった。たいして聞かれもしなかった。相手の話ばかり聞いていた。

 

自分の話なんて、興味ないだろうなと思ってしまった。

そんな自分が情けない。

こんな黒い感情を抱いて自己嫌悪になる自分が悲しい。

恥ずかしい。

泣いてしまった。

 

あぁ、お腹が空いた。

近所の中華屋でワンタン麺を食べた。

麺もワンタンも、そこまで美味しくはなかったが、

しょっぱさ控えめのスープが心と身体に染み渡る。

 

身体もぽかぽかして

ちょっと冷静になってきた。

 

いかんいかん。

心の友A・B・Cだって

きっと私の話を聞きたかったに違いない。

私の性格を知っているから、むやみに聞き出さなかっただけである。私が変な遠慮なんかせずに、話し出せばよかっただけである。

自分が、興味がないと決めつけていただけだ。

 

私はレアキャラになりつつある。

周りにバリキャリ(もどき・社畜)はいなくなってきた。

部下が20人いる人も少ないのではなかろうか。

収入もそこそこ上がってきた。

まわりでひとり暮らししている人も少なくなってきた。

寝たいときに寝て、起きたいときに起きる。

食べたいときに食べたい物を食べる。

自分のやりたいことができる。

同世代でどれだけの人ができるだろうか。

 

そもそも「家・子供」の話ができなくったって

面白い人はたくさんいるではないか。

芸人さんなんて、あえてそれ系の話はしない人が多いのに

あれだけ話が面白いではないか。

人を魅了して、がっぽり稼いでいるではないか。

 

天海祐希だって、

米倉涼子だって、

綾瀬はるかだって

家・子供の話はしないではないか。笑

 

私だって、心の友A・B・Cに

レアキャラ独身アラサー(30)

面白い話をたくさん話せばいいだけである。

私の周りにしかない、

とんでもない生活・仕事・恋愛・出会った変な男ネタ

披露すればいいではないか。

 

心の友ABCは

「私の話なんて興味ないよね」なんて、ブルーになっている私を、絶対に好きではないはずだ。

 

いままで10年、20年一緒にいて、こんな私を好きになってくれたのだから、今まで通りにしていればいい。

毒をはきつつケラケラ笑っていればいい。

10年で変わること、変わらないことがあっていいのだ。

 

というわけで、わたしは

とんでもないネタを、とにかく面白く、切れ味良く話せるようにしよう。

今日からネタをみつけて、温めておこう。

 

私も、芸人になろう。

ぽかぽかワンタン麺が思い出させてくれた。

700円だった。

 

そんな肌寒い秋の日。

 


f:id:ohtayu:20211017231018j:image