B型のアラサー女が考えた。

熱しやすく、冷めやすい。 共感、同情、揶揄、するがよい。これが私だ。

天パの話

この苦しみが他人に分かるものか。


f:id:ohtayu:20210327021827j:image

私は天然パーマだ。

くせっ毛、というレベルではなく

パーマである。

 

「えぇ~!全然いいじゃーん!」と言う人は、

天パのことを心のどこかで見下していると思う。

 本当に「いい」と思っていくれている人は、絶対にそんな言い方しない。

くせっ毛、天パに悩みがあることを知っている人はそっとしておいてくれる。

もしくは、必ず自分の直毛ならではの悩みを話してくれた上で

「いいな、羨ましい」と切実にいってくれる。

 

私は中学・高校は特に髪の毛がコンプレックスだった。

部活もやって、活発で、友達も多い方だったと思うが

それでも、本気で学校に行きたくないと思った。

「行きたくない」とリアルに泣いて

更年期の親を困らせた。

 

結べる後ろ髪はともかく

どうにもならない「前髪」

30分かけて一生懸命アイロンしても、

家出て3秒でオワル。無念。

 

ウチはかなり貧乏で生活もギリギリだったはずなのに

これだけは「ダメ」と言わずに縮毛矯正をさせてくれた。

中学生の髪の毛に1万円もだしてくれた。

それほど大人がかわいそうと思うほどの天パだったのだろう。

 

本当に嫌だった。

だから「全然いいじゃーん!」などと言う人には

心の中で「何もしらないくせに」と言い返す。

口では「ありがとう、照れる!」とでも言っておこう。

 

いまの時代は、こういう思春期の子の悩みが

SNSとかで少しでも解決しやすくなっているといいな。と思う

いろんなモデルや芸能人を見て、探して

「この髪も人と違って良いかも」って

学校に通えたらいいな。

 

いまの私は、あの頃の苦しみから解放され

髪の毛にも自由にお金をかけられるようになった。

気分や天気によって髪形を変えて操れるようになった。

楽しめるようになって、悩みが強みになった。

人に羨ましがられることもある。

最高の天然のパーマである。