B型のアラサー女が考えた。

熱しやすく、冷めやすい。

折り畳み傘

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

折り畳み傘を持ち歩く自分を

「大人になったな」と感じる。

 

25歳くらいまでは

雨が降りそうな時でも

いけるっしょ!!

荷物増えるのヤだし!!

と、傘なんか持たずに出かけていた。

 

そう、私は体育会系のB型だ。

 

行けるっしょ、で出かけると

7割くらいはどーにかなる。

10回のうち7回は、雨に降られない。

 

もしくは降られても、

これは小雨ではなく霧だ

と、思いこむ。

そして、そのまま強引に帰宅する。

そう、私は体育会系のB型だ。(2回目)

 

勝率70%なら悪くないだろう。

 

しかし、アラサーになった私は

負ける30%の方を気にするようになった。

濡れるのヤだし傘持ってこ

と、折り畳み傘を持ち歩く。

------------------

こんなやつ。

一昨年、人生初めて折り畳み傘を初めて買った。

それも日傘の目的だった。異常気象。

猛暑の日差しギラギラには

体育会系の私も耐えられなかった。

 

東急ハンズの女性物コーナーの傘は

全てがかわいい系のデザインで私には全くピンとこなかった。

隣の男性物コーナーにあったコレを買った。

どうせ折り畳み傘はたいして使わないだろう、と晴雨兼用を買った。

 

シルバーコーティング&内側が黒

一番涼しいと夕方のニュースでやっていた。

これしかなかった。

使用感はまぁまぁだ。とても軽い。

------------------

 

しかし、

傘を持ったところで

勝率は変わらない。

10回のうち7回は、持ち歩いた傘を使わない。

 

昔は、一日無駄な荷物を持ち歩いたことが嫌だったが

今は、傘が無い為に天気を気にして一日行動する方が嫌になった。

 

70%の確率で、無駄になるか

30%の確率で、役に立つか。

 

どちらでも受け入れられるようになった。

 

最悪のことを想定して準備。

リスク管理。

 

大人になったな

と、思う。

 

しかし、

曇りの日にあれだけ持ち歩いていた傘を、

雨の日に家に忘れ、

600円のビニール傘を買ったり

どうせ置き忘れて失くすから、と

素敵な傘を買おうと思わない自分は

まだまだ子供だと思う。