B型のアラサー女が考えた。

熱しやすく、冷めやすい。 共感、同情、揶揄、するがよい。これが私だ。

蜂蜜

 

その日、私は寝ぼけていた。

 

眠い目をこすり、

狭い1Kのキッチンにオロオロと向かう。

 

便秘解消の為にヨーグルトを食べよう。

 

冷蔵庫のヨーグルト(プレーン)は

これで最後だ。

 

便秘気味だから、何としでも食べねば。

 

スプーンを使って、ヨーグルトを容器から掻き出す。

ヨーグルトが入ったガラスの器に

ちょっと黒い斑点がでてきた

バナナを適当に切っていれる。

 

頭の上にある棚から、ぱっと

はちみつを取り出し

勢いよくヨーグルトにかける。

 

ヨーグルトの白に

よく映える

薄くて、茶色くて、透明がかった

はちみつ。

 

ん、

はちみつを勢いよく

2〜3周かけ回したところで

私の好きな香ばしい匂いがしてきた。

 

勢いよくヨーグルトにかけたのは

ごま油だった。

 

色、似てるww

容器、似てるww

ボトル、似てるww

 

キッチンが狭い為、

棚にうまく収まるように

調味料は小さいサイズを買うようにしているのだ。

どちらも同じようなサイズ感だ。

 

一瞬、ためらう。

ヨーグルト、におう。

わたし、薄ら笑う。

 

あーぁ。どうしよっかな

 

いや、ヨーグルトを

何としてでも食べねば。

 

ごま油のところを

できるだけ薄〜くスプーンですくい取り

何事もなかったかのように

本当のはちみつを

もう一度、勢い良くかけた。

 

はちみつをかけた

ヨーグルト(ごま油風味)を食べると

おとといオシャレなバルで食べた

ピザ(4種チーズに、はちみつをかけるやつ)を思い出した。

 

あぁ、今日もHAPPYだ。

 


f:id:ohtayu:20200713023133j:image