B型のアラサー女が考えた。

熱しやすく、冷めやすい。 共感、同情、揶揄、するがよい。これが私だ。

不味いグリーンカレーとなんちゃって


f:id:ohtayu:20200229230727j:image

昼休みにグリーンカレーを食べた。

 

一口目は、グリーンカレーの

なんちゃってスパイシーな風味に気を取られたが

二口目には「あれ、これ不味いな、、」と

感じた。

 

ご飯大好き、食べるの大好き

昼休み大好き、無理して食べちゃうこの私。

 

すぐに残そうかと考えたくらい、不味い。

 

正確に言うと米が不味い。

炊き方がマズイ。

 

飲食店として、こんな白米を何事もなかったかのように提供していいのか」と深く考えさせられる程に

不味くて、マズイ。

 

明らかに水分量を間違えている。

水が多いのだ。

趣味は料理です♡」ではない

私にだってすぐに分かるくらい

盛大に水分量を間違えている。

 


f:id:ohtayu:20200229231443j:image

米が団子状態になっている。

まるでもち米のようだ。

 


f:id:ohtayu:20200229231518j:image

 

一粒一粒の輪郭がまるでわからない。

決してスマホのカメラが悪いわけではない。

米がベチャッと、ヌメっと、しているのだ。

 

ここで改めて思い出して欲しい。

今のわたしは煮物や漬物を食べているのではない。


f:id:ohtayu:20200229231827j:image

ありえない

カレー、しかもグリーンカレーに

この粘度の米はありえない。

 

 

しかし、この不味くてマズイ

グリーンカレーに1,100円払ったのも事実。

(フリードリンク、ミニサラダ付)

 

この店に来たのは、4回目。

ビジネス街なので 平日はそこそこ人が入っているように思う。

今日は土曜日だったので、サラリーマン達は休み。

店内は最初から最後まで私一人だった。

職場の人も知っている人も、誰も来ない。

誰にも邪魔されない。

 

私はこの居心地の良さが良かった

今までも「味はイマイチだな」と思いつつも

周りに人がいない開放感と、必要以上に接客をされない放置感。

 

アイスコーヒーとオレンジジュースも

勝手に飲める。

氷は溶けているがそんなの気にならない。

こんなフリーな感じが良かったので

またこの店に来たのである。

 

さらに、この店はランチがメインではない。

スポーツバーのようで

夜メイン、お酒メインの店なのだ。

 

むしろスポーツバーなのに、

ど暇な土曜にランチ営業して、

アラサー女にグリーンカレー(ミニサラダ付)と、

食後のアイスコーヒーと、

口直しのオレンジジュースを

提供してくれていることに感謝せねばならない。

 

だから

グリーンカレーが不味くてもいいのだ。

白米が不味くてもいいのだ。

客を放置しながら仕込みをしていていいのだ。

 

結局、どんなにグリーンカレーが不味くても

私という客は今日の居心地の良さを求めて

またこの店に来るのだから。

そして文句も言わずに、1,100円払うのだから。

 

そう思うと、雰囲気や場所や時間を

ピタッ!と合わせて

提供出来ているのであれば

お金は取れるんだな。

味はなんちゃってでも良い場合が多いんだな。

 

とか思いながら

私はグリーンカレーを完食したのであった。

 

次は日替わりランチ(いつも替わってない気がする)にしよう。